読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。子の教育資金にあえぐ。

くそう、ドS刑事は栗山千秋だと思ってたのに!(2015/04/05 の再掲)

ドS刑事は栗山千秋だと思ってたのに.jpg くそう、ドS刑事は栗山千秋だと思ってたのに!

茅ヶ崎の市立図書館から、よく本を買ります。 図書館はタダで本を貸してくれます。 娯楽小説もいっぱいあります。 本を借りてくるのは、育児世帯にはちょうどいい趣味ですよ。 子どもが家にいてもオッケーですからね! お金かからないし、途中ですぐに中断できるし、細切れの時間で読めるし、いいことだらけ。 出かける系の趣味(サイクリングとか)は、まだまだおあずけですな。 さて。 ちょうど今日から、「ドS刑事」の3作目を読もうとしていたのですが… ドS刑事がドラマ化で、多部未華子らしいじゃないですか。 栗山千秋じゃないのかぁ……。 ハマりすぎだからかな。 私は栗山千秋びいきなので、なんでもかんでも栗山千秋がいいんですけど(爆)。 (なので図書館戦争の麻子さんが栗山千秋だったのは、とても嬉しい。映画見ないのですが) なお、「ドS刑事」は、グロギャクミステリー娯楽小説です。 1・2・3、どれも茅ヶ崎の図書館に入っております。 ドS刑事がきっかけで七尾与史作品を読むようになったのですが、個人的に一番ニヤニヤできたのはこちらです。 脱力して読むタイプの本です。 (気合入れて読まないでね) 「死亡フラグが立ちました!」 続編も出ているようなので、ぼちぼち図書館へ予約を入れておくとします。 ふへへへへ。
↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク