読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。子の教育資金にあえぐ。

ママの世界はいつも戦争 [ 杉浦由美子 ] は、ママカースト云々というより人間としての業みたいな感じ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ママカースト作っちゃってるVERY妻、乙! というノリで借りてきたのですが、 なんか人間としての業のようなモノを感じてしまい、陰鬱な気持ちになりました。 こういうの読んで、心を清めたほうがいいのかもしれない。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「ママの世界はいつも戦争」p178に、ワーキングマザーについての記述があります。 ”国もマスコミも女性の社会進出を素晴らしいようにいうが、どんなに高いキャリアがあろうと、子供を放置する母親は褒めないであろう。(←子供に手をかけまくる専業主婦と比較して) 国が望むのは 「子育てをしながら、働いて社会に貢献し、国にとって利益をもたらしてくれる女性」だ。 しかし、それはそうそうたやすいことではないと思える。” 実際にワーキングマザーは、 他に誰も育児の肩代わりなんかしてくれないから子育てするし、 労働しなきゃ生活費が稼げないから強制的に社会貢献しなきゃならないし、 がっつり納税しております。 メスゴリラですね。 「女がゴリラじゃなくてもやっていける国」というのはあるはずなんですが、我々は島国に住んでいることもあり諸外国の情報にうといです。 島国であるのをいいことに、世界に疎いこの国の女性労働者はどんどんメスゴリラにされております。 私も毎日、メスゴリラ。
↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク