半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

病院の待合室、本がないと厳しいです。そんな中で見たよそのママさんが、超塩

たまに行く病院に、絵本・マンガが充実しているところがありまして。

これがもう、お母さんたちの強い味方!
待ち時間のちびっ子たちを飽きさせないために、大活躍していました。

いました。
過去形。

コロナで撤去されました。

うおおおおおーーーー、私は私で、岸辺露伴は動かないをまた読もうと思っていたのに!!
岸辺露伴は、年末に特別ドラマが放送予定の人気漫画でござる)

 うう、仕方ない。
仕方がないよな、コロナだもんな。

岸辺露伴ドラマ化で高まったボルテージをどうしたらいいのか、絵本・マンガがなくなると、子どもの待ち時間に苦戦してきますよね。
あーんど、家にはない絵本・マンガとの出会いの場が、また一つ減ってしまいました。
(他の人がオススメとして用意してくれた絵本・マンガって、良作率が高いのだもの!)

次回からは持参します…。

 

絵本・マンガの撤去により、ウェポンなしに診察の待ち時間を子どもと過ごすのですが…
各家庭、談話とか、しりとりとか、無難かつ平凡なものを、ボソボソとやるようになってきます。

 

そんな中、超塩なママさんがいらっしゃいまして。
4歳くらいの男の子といらしたんですけど。

男児くん飽きちゃってるのと機嫌悪い(病院なので彼は病人である)ので、かなりぐだぐだに荒れていました。
ママさんはなぐさめるわけでなく、話を聞くわけでなく、終始、超塩対応(ご自分はスマホ)でした。

その親子の隣に座っている、これまた別の親子連れのママさんが
「うう、いやだなあ(´Д`;)」
という顔をしていました。

ほどなくして席順チェンジがあり、その
「うう、いやだなあ(´Д`;)」
の役割が、私になりました(爆)。

荒れる男児、塩対応を貫くママさん。
荒れる男児、塩対応を貫くママさん。
荒れる男児、塩対応を貫くママさん。

荒れる男児、暴れて転倒!
 ゴガッ!
ワイの足元の床に後頭部をしたたかに打ちつける!

「ギャァァァァァァァーーーーーーーーー」

「アンタがちゃんとしてないからそういうことになるのよ!!!!」

 

なにしろ「ゴガッ」と派手な音&絶叫がタダごとじゃない級だったので、看護師さんたちも騒然。

 

…。

……。

こちらは所詮外野なのですが、いろいろ、辛かったです。
その親子のそばにいた、また別のママさん&女の子も、辛かったと思う。

 

子連れで病院へ行くってさー、
基本、我々ワーママにとってはもんのすごい、げんなり度が高いことじゃないですかー。

クソ忙しい仕事中に、呼び出し食らって。
熱だから、なんか病気だから、病院行けって。
仕事全然終わらなくて同僚に迷惑をかける、子どもも病気で機嫌が悪くて荒れる荒れる。

なので、自分の体力&精神力にも限界が来ていて、待ち時間子どもへの対応も塩になるということは、あってもおかしくはないです。
人間だもの。

しかしながら、あまりにも塩だと、自分の子どもだけじゃなくて周囲にもよくない影響があるので、気を付けようと思いました。

 

↓お達者で~!ボタン
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

PR