半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

春休みの昼食を小1に自分で作らせる作戦で一番役に立ったのは、本当に忙しいお母さんの話だった

f:id:risazonamoshi:20210309180355p:plain

子どもが料理ができるか否かは、
子どもの性格によるところが大きいと思います。

少なくとも、台所で悪事の限りを尽くすお子さんには、向かないっすね。

いる。
います。
こういうタイプの子…というか、大人も。

幸いにしてうちの子どもらは一般的な小学1年生の範疇にいるので、トレーニング次第でなんとかなりそうです。

嬉しいことに、最近ではトースターの取っ手を鉄棒と勘違いしてぶら下がることもなくなりました。
(ぶら下がり大好きな次女がやらかした)

んで。
春休みが来るもので、ここはひとつ、子どもたちにセルフサービスで昼食をやってもらおうかと。

レッツら検索、 春休み 子どもだけで料理 。
そしてソッコーでの駄菓子菓子!

出てくるのは
「子どもと一緒に楽しくお料理」
という、ヒマ人向けのページばかり。
(ノリとしてはこんな感じ

Googleが人の話(検索ワード)を理解してないんじゃなくて、世の中での情報発信が子どもと一緒に楽しくお料理する「心と時間にゆとりのある方」によるものが圧倒的多数ということなんでしょうね…。

そりゃそーだ。
しゃーないわ。
本当に困っている人向けの情報ってのは、どのジャンルでも少ないもんさ。

しかしながら、捨てる神あれば拾う神あり。

多忙なるシングルマザーの方による、子どもが自炊できる方法のメモページが見つかりました。
クソ夫と離婚する方法等々、シングルマザーのためのページ諸々がありましたので、ご興味ある方は検索をば。

本当に忙しいお母さんの話が、一番役に立ちますねー!
ありがとうございました。

子どもも子どもが料理で活躍するマンガが好きなので、自分で料理するのは嬉しいもよう。
小麦粉で「夢のカケラは殺しの香り」のような粉塵爆発を起こさない程度に、やらせてみようとおもっちょります。

↓がんばボタン。押してくれるとすごく嬉しい。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

PR

今週のお題「〇〇からの卒業」