半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

不妊治療に使った金額をほじくりかえすとマジで凹むからやめよう…

どーもコンニチハ。
不妊治療でなんとか子どもが授かった勢です。

今では双子も小学2年生。
今年買ったばかりの魔女の宅急便(ジジ)靴下が、早くもズル剥けています。
f:id:risazonamoshi:20211223151509p:plain

不妊治療、私は8〜10年前にやってました。
最終的には顕微授精

なので、現在、我々の悲願であった健康保険適用に、時代の変化を噛み締めております。
これぞ本来あるべき姿。

でもね。

不妊治療に使った金額をほじくりかえすのは、マジで凹むからやめることにしています。

あの時保険が効いてたら何百万浮いただろうとか、そういうの考えちゃうとキリがない…。

やった結果として思うけど、不妊治療やったって、子どもを授かれるかどうかは「運」ですよ。

本人の努力じゃないの。
日頃の行いでもないの。
運なの。

 

親が金持ちでポーンと数千万円もらえちゃうような人ってのが、意外なことに平民世界にもいます。

「なんだよそれー」
って感じですけど、事実として、いる。

うちはそんなんもらえないし、たいていの人んちもそうですよねー。

なので。
運次第で、数百万円・数千万円という単位で損得がゴロゴロ転がっているんだろうな、と。

フツーに真面目に生きてて、そうなんだもん。
しょうがないじゃん。

 

駄菓子菓子。

健康保険の適用。

我々のときにはナシで、今はアリ。
かつ、年齢制限。

我々の世代のような人口ボリュームの多いところは、スルーしといたって感じがしますね。

少子化・出産年齢高齢化なんて、もっと昔っからわかってたことなんで。

 

ただ、不妊治療は金銭だけの問題ではなく、時間も心身もダメージを受けます。
大変でした。

でも、やらなきゃうちの子たちは産まれなかった。

↓がんばボタン。押してくれるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR

今週のお題「買ってよかった2021」

今週のお題「忘れたいこと」