半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

小さい子の皮膚炎は親に責任がある。大人になっても超絶、化粧品にかぶれるアトピー人生になるよ。

小さい子の皮膚炎・アトピーの治療は、親に重大な責任があります。

ありますったら、あります。
子どもなんかに皮膚炎が管理できるわけないじゃん。

だいたいこういうのって、先生が、
「1日数回、患部を清潔にして、これらの塗り薬を…」
って、軟膏とか処方するじゃん。

1日数回って、あの、私、会社行っちゃってるんですけど。
保育園では、塗り薬なんてやってくれませんけど。

ウヒィィィィィーーーーー!

ってなるんですよね。です、Death!

子どもってちびっこい頃は、口の周りだの、関節まわりだの、お尻だの、背中だの、ていうかもう全身?皮膚炎のバーゲンセールじゃないですか。

うちだけか、私のせいかと、とか思うじゃん?
世の中のちびっこ、けっこうな割合で皮膚炎だらけですよ。
そこはご安心ください。

うちの子どもらは、小学生になってだいぶマシになってきましたけど…
私の小学生のころは、比べようもないくらいひっどかったですからねー。
ガチアトピー。

私自身は、親が現代では到底許されないレベルのハイパーネグレクターでした。
ので、小さい頃から標準治療をやれば治るはずものも、適切に家でケアされないから全〜然治らず。

なので、子どもには同じ思いをさせたくないのであります…。

f:id:risazonamoshi:20200621092549j:plain

さて。

そんなこんなで培われてしまった皮膚炎体質。
色んなものに対して皮膚炎によるかぶれが、まーホント、よくでますよ!

珍しくかぶれずに済んだアイカラーがあったので、備忘録としてメモっとこう。
  ・ ファンケル アイカラー
  …私にとってかぶれなかっただけなので、万人に通用するわけではない
 
化粧品かぶれは、成分が、少ないほうが絞り込みやすいです。

あまり複雑に成分が入っていないのは、かぶれやすい人にとってはうれしいことです。
値段も、安けりゃ安いほどいいです
「チャレンジして失敗したら、捨てちゃえ!」という覚悟ができます(笑)。

デパコスでアレルギーかぶれおこしちゃうと、絶望するね。
高いし、パッケージは可愛いし、捨てるのに絶望感がハンパなくなっちゃう。
 
パッチテスト?
あー、そんなもん、無駄です。
化粧品かぶれとかアレルギーというと、必ず出てきやがりますけど、あんなんなんの役にも立たない。
(二の腕に化粧品を塗ってみて、様子を見るという手法)

 何度でも言いますが、私は、パッチテストなんぞ、まったく信用しておりません。
二の腕みたいな丈夫な皮膚は、アレルギーに耐えてしまうのです。
 
化粧品かぶれで弱いのは、まぶたですね。
他のどこも大丈夫なのに、まぶただけ、真っ赤に腫れたりとか、しょっちゅうです。
パッチテスト、意味ないです。無駄。無駄無駄無駄無駄ァ。

・・・なもので、ファンデーションなんかも、「まぶたがかぶれないもの」という基準で選びます。
アイカラーは、モストデンジャラスです。一番ダメージが大きくて、一番かぶれる確率も高い。
よって、アイメイクもほとんどしないです。

てか、コロナを理由に、もうメイクしてないです。
 私はとても貧相です。

結局、化粧なんかしないのが一番。
皮膚炎の確率がぐぐぐぐぐーーーんと下がりますよ。

肌は毎日同じコンディションというワケじゃないので、調子の悪い日につけたら、やっぱりかぶれるかもしれないし。

だから、今後も「肌も自分も元気」っていう日にしか、たぶん、使わない。

 ↓がんばボタン。押してくれるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR

今週のお題「わたしの実家」