半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

子どもを眠らせる時刻、そして睡眠と健康 / 疲労・病気は薬でどうにかなるもんじゃないって、大人もちゃんと教育して欲しい

こううものをきせています。毎年、どんどん小さくなっていく。(子どもが大きくなっている)


子どもを眠らせる時刻には諸説ありますが、皆様いかようにしてお過ごしでしょうか。

我が家は、親もろとも早く寝る→私は早朝起床でぬけがけ、という構図です。

子ども、自動的に寝てくれるような便利な生き物じゃありませんからね…。

「寝かしつけの親寝落ち」については以前からいろんな友人が陥落しておりましたので、最初から無理だとあきらめていました。
寝かしつけてから活動できるほど、我々ババァに余力はありませんよ…。
寝てしまえ、子もろとも。
(これはこれでものすごい努力が必要なことではありますが(´・ω・`))

早朝おきるについては乳幼児にゃ睡魔に勝てるほどのガッツはありませんから、安泰です。


んで。
子どもの睡眠とは違う、大人向けの本として、「眠っているうちに病気にならない体をつくる本」というものを借りてきました。


子どもが生まれて以降、風邪ひいてひどい目にあってばかりなので、健康管理に役立てたいと思い。
反省してますよ、いろいろ。

結論としては、
「早寝早起き、適度な睡眠で健康を維持しよう!」
というごもっともな内容です。


ほんとそれだけ。
そうしたほうがいい理由とか、人体のメカニズムとか、いろいろ書いてはあるんですが、
「早寝早起き、適度な睡眠で健康を維持しよう!」
ということのみです。

つまり、
「ちゃんと睡眠しないと、健康になれないよ~」
ってことです。

ごもっともです。
あまりにもごもっともすぎる。

過労による突然死やメンタルヘルスのリスクなんか、ゆったり過ごしてたっぷり寝てる人間には、当てはまらないもんな。

駄菓子菓子。
その「ごもっとも」が犠牲にされておりますのもまた、日本の社会でございまする…。

ね。
仕事から帰るのが日付変わってからとか、朝早起き用件で起床AM2時とか。
夜間に子どもが大量に泣くとか、夢と現実のはざまをさまよって叫ばれたりとか。

なので、「努力」で睡眠を勝ち取らなければならないんだよなー、って。
たっぷり眠らずして、健康は得られないのです。


こういうところ、義務教育から労働現場まで、しっかりと刷り込んでほしいですよね。
疲労・病気は薬でどうにかなるもんじゃないって、ちゃんと言って欲しい

リゲインやユンケルでどうにかしようとか、病気になったら医者が直してくれる薬をくれるはずだとか、全部まやかし。
実際、子どもが生まれてからの風邪の症状と日数を記録し続けているけれど、薬を飲んだからってさっさと治るものではないです。
(特定の菌とか、薬がめっちゃを効くタイプの病気は別)

戦時中、兵隊さんに配っていたヒロポン(現:覚せい剤)のようなものを、現代人も欲しちゃっています。
そもそも、「疲労がポンと飛ぶヒロポン」がないとやっていけないような環境が間違っていたわけで、その延長線上にあるような「眠ってられないから/休めないから薬剤で何とかしたい」思想は、非常に危険ですよ…。


どーなんでしょうね、コレ。
日本人の国民性なんでしょうか。

それとも江戸時代くらいまでさかのぼれば、
「睡眠時間を削るなどチョベリバでござる!
 人は、朝日と共におき、日が暮れれば寝るべし!」
という生き方があったのでしょうか。

寝過ぎ、それはそれでよくないらしいですけど。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

 

初めて救急車に乗りました!(次女の付き添いで)

ピザが食いたい。

駄菓子菓子、ポスティングされていたピザ屋のチラシに電話番号もURLも支店名もなんも載ってなくて「一体どんだけ飯テロポスティングなんだ!!」と思いました。

 忙しいときに、既製品の美味しいピザ食えたら、ほんと嬉しいです…。

 

といったところで。


みなさま、子どもの「たんこぶ」というとどのくらいの大きさをご存知でしょうか。

先日、次女が和室の柱(木製)に向かってジャンピングダイブしまして、大きなこぶができました。
とても大きかったです。

救急隊員さんが、
「鶏卵大」
と言いはじめて、ああ、なるほどねーって。
サイズを表すときに、卵はわかりやすいですね。

救急センターの先生も、
「ほほう、これはこれは。
 近年まれにみる大きなたんこぶ」

と、感嘆していました。


たんこぶ(皮下血腫)って、医師が触って診察すると、ヤバいタイプかヤバくないタイプか、大体わかるそうです。
念のため「24時間の安静と観察」とはなりましたが、その後もヤバい症状がでることはなく、落ち着きました次第です。

ビジュアル的には全く落ち着いていないんですけどね(爆)。


ヤバいタイプだと、かの有名な「頭蓋骨の中でも出血してましたパターン」ですね。

幼少のみぎりに読んだ楳図かずおのおろち(1巻)では、交通事故の直後は大丈夫そうに見えたお父さんが、
「うう、
 頭が
 痛い!」
といって、その日の晩にお亡くなりになりました

こういう危険パターンの刷こみにも役立つなんて、侮りがたしホラー漫画の世界。
ビビリながら読んだ楳図かずおは、貴重な知識となり、今もなお生き続けています。



ところで。

頭をぶつけた次女のこぶがひどかったので、「これは病院に行くべきだろう」
という話をしている最中に、夫がいきなり救急車呼んでたんですが、あれはどうだったんでしょうか…。

私は「救急車は本当に困っている、ほかに手段のない人向け」のものだと思っております。
なので、どこの骨が折れた時も、私は救急車を使ったことがありませんでした。
病院に電話してから、タクシー呼んだりとか。
(ヲレ今から行くからヨロシク的な)

一方で夫は、自分がノロを発症したときにも、勝手に救急車を呼んでいました。

ううーむ。

もしかして、救急やってる病院に電話するとか、自家用車やタクシーで行ってもいいことを知らないのか??

実は今回、救急やってる病院に電話して、私が自家用車で乗り付けるのが一番早かったし、皆様に余計なお手間もかけずに済んだのです。
次女も痛がってはいたけれど、割と容体安定しておりましたし。

乗ったり見送ったりしたことある人ならわかると思うのですが、救急車って、なかなか出発しないし、救急救命の必要ない人にはあまり意味のある空間ではないのでごわす。
(今回の車種はトヨタのハイメディックでした)

「自力で歩行できない単身者」というくらいでないと、自宅から救急車を使う意味がないのでは…。


つーかさ、救急車で病院行ったら、帰りの足もまた問題なのですよ。
仕方がないから、帰りはタクシーを呼んださ…。

ある程度の元気さ(元気さ重要)が患者にあるなら、断然、自家用車をおすすめします。
「血みどろになって泣き叫ぶ子どもに動揺して、運転を誤ってしまいそうだ!」というなら話は別ですが、やっぱ一番効率がいいのは病院に電話して自家用車ですよ。

貴重な救急隊員さんたちに、お手を煩わせたくないでござる。

↓子どもお大事に~的励ましボタン
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ