読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。子の教育資金にあえぐ。

配偶者が無職で平日の昼間っからヨガやピラティスをやっているというのはかなりきついんじゃないかと思いますけど

私の中では
「平日の昼間っからヨガやピラティスをやっている」
イコール「無職」のイメージ


平日の昼間っからヨガやピラティスやっている人は、「平日休みの職業の人」ではないというのが悲しい現実。
逆に考えてみればわかるじゃないか。
我々は貴重な土日に、昼間っからヨガやピラティスをやっている時間があるかい?

 

配偶者が無職というのは、かなりきついんじゃないかと思います。
家事は手を抜いても死なないし、育児は保育という受け皿があります。
(さらに言うと、職があっても家事も育児もやるんですが)

でも、お金がないとカナーリ死ぬ。

我が家は夫婦共働きですが、財政状況については常に「油断できねえな」の一言に尽きます。
なんかね、家計がヒリヒリしてるの(爆)。

それでもまだまだ、配偶者が無職というご家庭は多いですね…。
配偶者が無職だとしたら、夫婦のどっちかが「ものすごい稼ぎがいい」とかじゃないと、現代日本で「ふつう」と呼ばれ求められている生活水準はクリアできません。

そういう個々の家計状況をおいといたとしても、無職はバッシング対象です。
さまざまな社会的な理由があるバッシング対象です。

あんまり正当性のない理由で無職でプラプラしてるんだったら、基本的人権を一部剥奪(無職税の課税=控除の廃止とか)してもよろしいんじゃないでしょうか。


といいつつも、我々経産婦に「もれなくマトモな仕事がもらえるのか?」というと、そんなことはない。
ここが難しくて、例えば10年・15年とかの昔に出産を経験した人は、仕事をやめさせられるのが当たり前でした。
その先に行きつくは、職を得ぬままのヨガ・ピラティスか、それとも再就職か?

現代のレ・ミゼラブル?

一方で、「子どもに教育を受けさせる義務」というのもあります。

「子どもに教育を受けさせる義務」の前提として「子どもがいる」ということになっちゃってますが、全員子どもを持つかというと、そうではない。

「ざんねんながら不妊」ということではなく。
そう、「ボサッっとしてたら生殖機能がタイムアウトした」「誰にも結婚してもらえなかった」という人がけっこう多い。

ここでも、基本的人権を一部剥奪してもよろしいんじゃないか(年金の一部減額とか)と思いつつ……
社会がなぜこのような状況を生み出したのか、よくよく考えなければならないなと思いました。
これまた10年・15年とかの昔は、子どもを産んだら仕事をやめさせられるのが当たり前でした。

「無職にさせられた」、
「子どもをつくることがよしとされなかった」、
ひいては
「再就職しようとしても、就職活動中では点数が低くて保育園/学童に入れない」
というところに、いまだ根深き問題が残っているように思われます。

「再就職できます!」
「安心して子ども産んでください!」
という世の中だったら、グレて平日の昼間っからヨガやピラティスをあたかも宗教儀式のように海岸へやりに行っちゃう人(注)とか、減ると思うのです。

注:湘南海岸ではこのような光景がフツーに見られます。
  午前中とか、特に。

↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク
 
 

勤め先によって違うこと→出張をすると勤務時間がマイナスになるという就業規定です。決まりなんだからまあしょうがないんですが

ペッパー君の女装アイテムが売られている。
ペッパー子?


先日の「フルタイムが就業何時間のことを指すのか?」というヤツもそうなんですが、就業規定は各社ばらばらです。

さて、出張の移動時間。
弁護士・社労士によって言うことが違ったりもする問題です。
チクタクチクタク。

勤め先の規定では、
「出張をするときの移動時間は、9:00~18:00なら就業時間とみなす」
というものがあります。

9:00~18:00以外は、就業時間とみなされません。

こういうのはほんと、お勤め先によってバラバラです。

なので、
「9:00~18:00以外の出張移動は、就業時間とみなされません」
っちゅー方式ですと、
いつも朝7時くらいから仕事をしている人間が、
9:00より前に移動しつつ出張して、
子どものお迎えに間に合うように17:00くらいに移動を終えると、
勤務時間はマイナスです。

▲1H。

というので、しばしば勤務時間がマイナスになって困っています。

うん。
「子どもがいて保育園のお迎えが」というのは我が家の勝手な都合なんですが。

駄菓子菓子。
こういう就業規定だと、子どもの有無にかかわらず、もれなく全員がつらいわけで。

たとえば朝3時からとか、
前日の18:01からとか、
9:00~18:00以外の時間で移動していても、ぜんぶ勤務時間ではなくなります(笑)。

ハイ。
子どもがいる以前からもずっとあるルールなので、それにしたがっております。

理想は、
「勤務すると決まっている時間内に、出発から到着、行った先のお仕事まですべて完了!」
なんでしょうけど、難しいもんですねー。
もうちょっと融通が利いて、働きやすくなる人が増えるといいんですけど。

いつまでも「移動時間が勤務に含まれないのなんて当たり前!」とか言ってちゃダメだと思いますよ。
そんな移動だったら、減らさなきゃいけない。
それこそ、ペッパー君に代わりに行ってもらったりな!(爆)

皆さんのお勤め先はどうですか?

↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク
 
 

「自由な子育て」というか、「子どもを自由にさせること」というのが、ホントーに無理だなーと思います。


「自由な子育て」
というか、
「子どもを自由にさせること」
というのが、ホントーに無理だなーと思います。

ごはんを食べなくてはならない、
おもちゃを散乱させたままにしてはいけない、
道の真ん中を歩いてはいけない、
お店の食べ物を触ってはいけない、
等々等々、子どものやりたいことというのは、常に制限されます。

外出中なんかその最たるもので、もし幼児をその辺で「完全自由行動」させたら、たぶん死ぬよね。
そう、あいつらはそういう危険な生き物なのです。

なので、
道の端を歩けとか、
必ず手をつなげとか、
車道と逆になれとか、
ココでは必ずとまれとか、
小さな彼・彼女たちは決して自由にはさせてもらえません。

…という風に考えて生活してきたんですが、世の中そうでもないらしい!

先日、
通りすがりのママさんが
0歳児の赤ちゃんをだっこしていて、
その後ろを2歳くらいの女の子がトコトコ歩いていたのですよ。


すげえな!

その間、前を歩くママさんは2歳の女の子を「完全自由」にしていました。
それでもきちんと、2歳の女の子はママさんを追尾していきます。

すげえな!

2歳の女の子は、下にきょうだいが生まれ、お姉さんとしての自覚を強く持ったのでしょうか。

うちの女児らは双子なので、「姉・妹」という感覚が非常に薄く、いずれも好き勝手に行動しますよ…。
えらい違いだ。


自由に行動させてあげたい気持ちもありますが、やっぱり無理があるなあと思う今日このごろです(爆)。

↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク