半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

今、デブってお腹の大きすぎるオバサンが痛い!


今、デブってお腹の大きすぎるオバサンが痛い!

俺とかな!

年末年始、長いこと病気で寝込んでいたものの、
「栄養しっかり取って早く治さなきゃ!」
という努力が実を結んで、ちっとも痩せませんでした。

冬は毎年太りやすいのですが、今シーズンもしっかり太りましたね!
体重は、21世紀最高値を更新しましたーッ!!



グイングインと少子高齢の世だということもあり、日本人の平均年齢はブリ上がっております。
そんなところで、あらゆる局面において、デブってお腹の大きすぎるオバサンが痛いのです。


「そうか??」
と思ったアナタ、甘い。
甘いです。
マジパンのごとく甘いです。


古くより、「デブって腹が出る」といえば、オッサンがその代名詞。
たしかに、オッサンの腹は、目につきます。


駄菓子菓子。
あれはオッサンの服装が腹を隠せていないだけなのです。

女は姑息だ。
服で、腹を隠す。


どこぞの民族衣装かのようなファッションが市民権を得て、オバサンのデブッた腹を人の目から隠し続けているのです。


座った瞬間のズボンへの腹肉のノリとか、服が体に貼り付いた瞬間とか、ダイレクトにオバサンのデブッた腹を見れれば現実がわかります。

ヤバイよ。
日本、かなーりヤバイよ。

ジャバ・ザ・ハットな女がたくさんだ。


自分が太る理由は、ひとえに体力の低下だと推察致します。

体力が低下して、病気になりやすくなる。
→病気になると長くて、その間ずっと食事の制限や運動を控えようとする。
 →病気が治る。
  →体力がない。
   →また病気になる。

デフレスパイラル!!

このままいくと、際限なく体力は落ちて、病気にかかりやすくなり、加えて太るので、もう本気でヤバイ。

一方、数少ない病気ではない期間においては、食事や運動についてそれなりの成果が出ているので、できれば病気でない期間の生活を基本にしたいのですよ…。


駄菓子菓子。
多胎経産婦など、生きてるだけでもありがたいと思わねばならぬのも事実。

このまま、風邪を引くたびに太りながら「死んでないことに感謝」とブツブツ言いつつ、生涯を閉じねばならないのでしょうか… orz

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

 

冬は労働時間を減らした方がいいと思う。病気になるから。


茅ヶ崎は暖かい。

ええ、日本の中でも、神奈川県茅ヶ崎市は、割と暖かい方です。
県内でも、厚木・海老名が氷点下であっても、茅ヶ崎が3℃あることはザラ。

それでも寒い。

毎年言ってますけど、寒いもんは寒いのです。
産後は特に体力が衰えましたもので、寒さによる健康被害が顕著です。


つーかさー。

防災放送のサイレンが夏と冬とで時間違うんだから、労働時間だって変えてよくない?
一般企業は冬の労働時間を、短縮すべきだと思う。


「冬場がかきどきだぜ!HEY!!」という職業以外は、それでいいんじゃないか?


だって、病気になる人が多すぎるもの!

病気になっているのは、経産婦に限ったことではないですね。
いやーほんと、冬は病気がすごい!
バッタバッタと人が病気で倒れていく。

たおれすぎ、たおれすぎ。
ドミノ甲子園


駄菓子菓子!

ここで冬季シーズンに1時間でも日常生活のゆとりをあてがわれれば、心身共にゆとりができると思うのですよ。
心のゆとりがあれば、手洗いにもゆとりが生まれてウイルス除去率がUPするに違いない。
もうクレベリンに頼らずとも大丈夫!
(だといいね)


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR