半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

この縛りがあるから、いつのまにか心が暗くなっている?税の天引きがしやすいサラリーマン。


もうすぐ確定申告の準備ですね。
(医療費控除で毎年やる)
毎年、い~~~~っぱい、税と社会保険料を引かれちょしますね!

いろんなところで騒ぎになっていますが、ホントーに、サラリーマンという職業は税と社会保険料の天引きがしやすいです。

自動的にシュパーンッともってかれてますから、
「働けど働けど、生活は楽にならず」
「無駄遣いしてないのにお金ない、意味わからず」
って状態です。


サラリーマンの給与額が、月給20万で、夏冬のボーナスが30万円ずつ出ると、合計年収300万円です。
こうやって月給とボーナスを書くと「おお!?かなりの戦闘力じゃないか!」って気がしちゃいますけど、実際年収300万円だと生活は楽じゃないですよね。
家庭を持つとなると、300百万円どころか、400万円あっても、住宅費や子どもの教育費に大きく苦労します。

その一端って、やっぱり税と社会保険料?
個人的には、食べ物の値段が一番大きいと思いまするが。


でね、そんなサラリーマン(広義で給料をもらって税金を引かれている人)なんですが…。

私は短大出てからずっとサラリーマンです。
が、20代のころの交友関係を思い返すと、必ずしも「社会人=サラリーマン」ばかりではなかったのですよ。

その後、結婚したし子どももできたしで、交友関係が縮小・限定された影響もあるのですが、気が付くと周囲がサラリーマンだらけになっていました(爆)。
(もちろん旧知の友には専業主婦もいますが)

うーん、狭い世界だ。

んで、サラリーマンが集まると、税と社会保険料の愚痴が出ちゃうことが多いわけです。
景気のいい話?
聞くわけないでしょ。

サラリーマン同士のつるみって、あんまし明るい会話がないですね(苦笑)。

なんだけど、まわりにサラリーマンが多いし、サラリーマンになりたがっている人が多い。


ならば、私の交友関係で明るい話が聞けるのって、どこなんだろう…。
やっぱり日本全体が暗いのかな……。


と、辛気臭くなってしまいましたが…!

先日、出張先で外食をしたら、お店のオバちゃん(おかみさん)がめちゃめちゃ明るかったです。

外食産業の景気が良いという話は聞かないのですが、お店のオバちゃんはとても明るかったのです。

デパートのバーゲンセールで、選びに選び抜いたワコールの補正下着が何枚だとか、楽しく語らっていらっしゃいましたよ!

「お店のオバちゃんが暗い」というのは、飲食店にとって致命的だから、努めて明るくしているのでしょうか?

…でも、飲食店のオバちゃんが暗いことってのも、よくあるよね。
先日寄ったすき家のオバちゃんは顔が死んでた。

もしかしてココ、「自営業者のオバちゃん」と「従業員(サラリーマン)のすき家のオバちゃん」という属性の違いなのかなー。


残念ながら、その明るいオバちゃんの店は神奈川県ではないので、おいそれといけません(笑)。

たまには、努めて自分から、明るい話でもしなきゃいけませんかねー。

でも、友達同士のおしゃべりで、愚痴って大事ですよ。
あるべき姿と現状の乖離をとらえて指摘するのも、重要なことですから。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

PR

 

ダウンを着ていても迫害されない地域で永久に生息したい。


都会は、ダウンを着ている人がいないから、いやだ。
ダウンを着て許されるのは、東海道線でいうと戸塚までな感じがする。

そう、私がユニクロで買ってきた投げ売り価格のダウンは、都会で着用することが許されないのです。

事実、横浜以上の出張があるときは、私はダウンを自粛しています。
ハンパなく寒い。
ウールのコートなんか、すげー重いし動きにくい。
肩パンパンになるわ。


さて、そんなダウン事情ですが…
VERYでは、
”黒ダウン×甘アイテムはパンチ小物や強めの差し色で新鮮に!”
なる特集をぶっ放しておりました。


駄菓子菓子、あれは最低でも8万円はするお高級ブランドのダウンジャケットの話。

田舎の平民が見たら、目がつぶれる価格!
ユニクロの季節ファイナルセールしぼり出しの品とはワケが違います!

しょっちゅうVERYに出てくるものに「モンクレール」っちゅうこれまた高級なお洋服ブランドがあるのですけれど、これまた値段がすごい。
見て腰抜かさないでくださいよ。  


そんなモンクレール、モンテスキュー。
実は先般、茅ヶ崎界隈で着用なさっている方をお見かけしました。

「カッコイイダウンを着ているな」
ではなく、
「腕んとこになんやワッペンついとるのう」
って気づいたんですが、驚き桃の木モンテスキューです。

いやー、ビビったビビった。
「モ、モンテスキュー!?
 もしかして、VERY妻をやってらっしゃる方ですか!?Σ( ̄ロ ̄)」

とばかりの驚きモンテスキュー。

しかしながら、モンテスキューのワッペンがついているだけで、「生地の感じもデザインも、ちっとも普通のダウンジャケットと変わらなかった」という感想をここでご報告いたします。

私の見る目がないだけなのか、着るとてきめんに違いの分かる機能特化型の商品なのか…。


とにかくですね、私はユニクロ等の安いダウンを着ていても迫害されない地域で永久に生息したいのですよ。
軽くて暖かい、冬にピッタリですよ!


ママファッションの平均点を下げることになって申し訳ないが、健康のためには軽くて暖かいダウンを推し進めたいのでござる。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR

 

年収150万円一家&超~ッ節約生活の身近な人の例

日本において、世帯年収150万円でもそこそこの都会で生きて行けるようです。

「年収150万円一家」シリーズというコミックエッセイがあります。
世帯年収150万円のご家族、舞台は大阪。
(この本、茅ヶ崎の図書館にありますが、マンガがあることは珍しい!)

「世帯年収150万円で夫婦+子どもの3人家族が生活!」
という非常にわくわくする題材であるにもかかわらず、マンガが全然面白くないのが残念です。

推察するに、マンガに明るい編集さんがつかなかったのでは…。
くそう、コミック業界の敏腕編集がつけば、もっと面白い読み物になったであろうに!


んで、世帯年収150万円で3人家族が生活するという話。

話を置き換えてみれば、世帯年収が150万円以上あれば、あとは全部貯金に回せるということではないですか。
(150万円が手取りか税引き前かは不明確ですが、他の本(貧民の味方のFP・横山先生)による「年収200万円(税引き前)あればみんなちゃんと貯蓄できる」という説から、年収150万円(税引き前…税もほとんどかからないのでしょうが)と考えてよさそうです。)

わー、すごーい!
世帯年収を150万円だという気持ちでいれば、それ以上の収入があるなら残り全部貯金できるぞー!
(完全なるとらぬ狸の皮算用)


ところで、私の実弟は「超~ッ節約生活」を送っています。

実家に生息しています。
生き様が、ケチです。
とても。
(実家に住んでいるので、水道光熱費やテレビ視聴料は親持ちですが)

おそらく彼奴は、「年収150万円一家」を読ませても動じないですね。

何らかの物品を気前よく買っているところを、見たことがありません。
服がリサイクル品であることはもちろん。
携帯電話も持っていません。

私も図書館ヘビーユーザーですが、実弟はさらに広域で図書館ヘビーユーザーです。

実弟の1年間の収支を調査できたらすっごい面白そうなのですが、あまり人間と会話してくれません。


もうちょっと気を引き締めて、支出を減らしたいなーと思う今日この頃です。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR