読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。子の教育資金にあえぐ。

「自分には小さい子どもがいないから、この子を可愛がりたい」ってタダ乗り、ちょっとズルいんじゃないのー?

「自分には小さい子どもがいないから、この子を可愛がりたい」ってタダ乗りは、ちょっとズルいんじゃないのー?

世間にゃそういう「自分には小さい子どもがいないから、この子を可愛がりたい」という「タダ乗り」を平気でする人が存在します。

正直に白状すると、私は義実家で寿司とか、名産品筑前煮、ときには「お祝い」という名の現金をいただいております。
ちなみに寿司は、トロも入っているものです。


駄菓子菓子。
世間にゃ寿司も名産品も筑前煮もお祝いもナッシングで、幼少期の子どもの可愛さだけを無償でご提供せねばならないというご家庭もあるわけですよ。

嫁、すごいストレスじゃんね。
すごくつらいみたいで「奴隷のようだ」とか言っていました。

同じことが、犬や猫、さらには成人男女でもいえますね。

犬・猫には、犬カフェ・猫カフェという有料施設があります。
成人男女にも、ホストクラブ・キャバクラがありますので、金で解決するのはある意味フェアといえます。

「人間の子ども」が対象だったら、それは現金・現物ではなく、「困った時には預かる」「家事の支援をする」といった体の労働でもいいです。

とにかく、タダ乗りは良くない。
加えて、タダ乗りどころか逆に払わされているケースなんかは、さらに良くない。



春になると、満開の桃の花が見られるエリアがありました。(茅ヶ崎市内)

それはもうキレイに植わっていて、20本くらいでしょうか、敷地を囲むように美しく咲く様子は、まるで秘密の花園の一部です。
敷地の中は単なる月極め駐車場ですけど。
庶民の大衆車のための。

そんな桃の木ですが、伐採されました(爆)。

桃の木を植えたおばあちゃんが亡くなって、
「相続したドラ息子と強欲嫁が伐採したんじゃないか!?」
とか、勝手に想像して落胆しています。

桃の木伐採による精神的ダメージは深かったのですが、これもタダ乗りですよね。
よそ様の土地の桃の木を見て、勝手に喜んでいただけです。


しかしながら、
「子どもや若者がいるだけで活気が出てよろしい」
「花や緑の美しさは人の心に良い影響を与える」
ということは、やっぱり必要ですよね。


その恩恵にあずかる者としては、保護者や所有権者の方々に迷惑がかからないよう、節度というものが必要なのでございます。
テレリレリレ♪(琴の音色)
↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

新曲リリースしました!

「「新曲リリースしました!」」

…といっても、チビッコ世帯は毎日のように新曲のオンパレードですよね。
幼児と暮らしていると、様々なメロディとフレーズが飛び交います。


すごく楽しそうなミュージックセットである。



我が家では、子どもがオムティに脱糞すると、夫婦で同時に処理にかかることを心がけています。

びこーす、
うんちをした子の処理をしているときに、もう一人が突っ込んで来るから!
危ない。とても危ない。

親が一人の時は、一人でやるしかないんですけどねー。
理想は「親二人でうんちを処理して、サブ担当の方は突っ込んで来る子を必死にブロック」です。
(「必死」が理想ってのもおかしいことですが…)

それで、子どもがうんちを漏らしたときには、夫を呼ぶことにしているんですよ。

…呼ぶことにしているんですが、夫はいつも耳栓をしているので、かなりしつこく呼ばないと、来ない。
(「こどもがうるさいから」という理由で、耳栓や防音イヤーマフを身につけて無視している)


仕方がないから、叫ぶ。

U!N!K! U!N!K!BR> (ユーエヌケー!ユーエヌケー!)

初期のころは、こんな感じでついつい軍隊行進曲風になってしまうUNKの節を大声で歌っていました。

子どもらもすぐに覚えて、
U!N!K! U!N!K!BR> (ユーエヌケー!ユーエヌケー!)
の大合唱です。


んで。
最近また、夫が無視を決め込んでうんこブロックに参加しないことがあったんですよ。
腹が立ったので、新曲をリリースしてやりました。

You! UNK! You! UNK!BR> (ユー!ユーエヌケー! ユー!ユーエヌケー!)

これを、しつこく繰り返します。
ミッションインポッシブルのテーマに載せて。
5拍子だぞ。

子どもらもすぐに覚えましたね。

You! UNK! You! UNK!BR> (ユー!ユーエヌケー! ユー!ユーエヌケー!)

はいはい、うんこもらしゴーストプロトコルですよ。

夫の「耳栓つけて無視」、あれはもう病気なので、これからもしつこく大合唱することにします。

逃 げ 得 は 許 さ ん 。

↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

専業主婦という名のニートが「子どもに手をかけてあげたいから」を言い訳にしている

こんな本を読みました。図書館で借りて。



「旦那の給料は上がらないのだから、雑誌読んで節約生活するよりも妻が働きに出たほうが効果がダンゼン大きい」
という家庭経済の話から、
「今仕事をしていない専業主婦に働いてもらうには、こんな風に接しないと」
という旦那さんへの説得方法レクチャーまで、
熱意を持って執筆された本だと思います。

みなさんすでにお気づきだと思うのですが、このへんのみなさまの中には、専業主婦という名のニートが混ざっております。
上記の紹介書籍でも、そのことが指摘されております。

そして、専業主婦という名のニートの厄介さは、引きこもりニートと同レベルで、非常に対策が困難であるとも評しています。

おお、なんということでしょう!

我々ワーキングマザーって、真面目にワーキングしないとそもそもお金が入ってこないじゃないですか。
勤務形態が内勤だったり団体行動だったら、同僚もいるし。
もう働くしかやることがありません。

駄菓子菓子、専業主婦とはブラックボックスです。
監視カメラでもつけないかぎり、日中の行いが不明。

専業主婦本人による「自己申告」なんてものは、アテになりゃしません。
(絶対にサボってないとか、すごく大変だとか言う。てか、そう言っていた)

専業主婦でもさ、ニートじゃないガチ専業主婦だっているわけですよ。
例えばクックパッドの上位投稿ユーザーとか、生活披露系の整理収納アドバイザーとか、庭名人とか。
これじゃすっかり、専業主婦というか、その筋のセミプロないし個人事業主ですけど。
(もちろん、家事全般をまんべんなく高レベルでこなしている総合力主婦も存在する)

そういう人たちはおそらく、ワイドショーをダラダラ見たりしない。

私の中では、
「その時間帯は○○(ワイドショーの番組名)を見ている」
というフレーズが口から出た時点で、その人を
「もしかして 専業主婦ニート ではありませんか?」
というGoogle検索調の文字を並べてフィルタをかけてしまいます。

ちなみに、ワイドショーについて語った人が、その後に専業主婦ニート疑惑を覆すほどの活躍を示してくれたことは滅多にありません。
残念ながら。
(レアケースとしては、「その番組に出ました」があります)


「定職についていない主婦」であればこそ、セミプロないし個人事業主みたいなことを、もっといろんな人がやっていいと思うんですよ。
税金収めるほど収益を上げるのは難しいとは思いますが、それでもニートとは大違いです。

もー、ぜんぜん違う。
意識のレベルが全然違う。


筋金入りの専業主婦ニートについては、そろそろ教育プログラムが必要なんじゃないですかね?
一般に言われる「ニート」よりも、専業主婦ニートのほうが数多いはず。
↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ