半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

熱中症が怖くて外に子どもを出せないんだけど、自分だけ良ければそれでいいのか…

夏休みですが、今年はとても忙しいので、出かける暇がありません。
所要済ませて、終了~。

なお、自分が子供だった時代を思い返しても、親が長い休みをとれる職種でもなかったし、家族団らんのためのお金も払ってもらえないタイプの家庭だったので、旅行とか行ってないですね。
思い出の家族旅行については…ううーん、ちょっと怖い話なので、また今度(笑)。

怖い→ゴキブリが出てくる系で怖い話。
(ゴキブリにはご縁がありますなぁ!)

 


さてさて。

熱中症が怖くて、外に出られないですねー。
大人でこの状態ですから、熱中症になりやすい子どもは、なおさら外に出せないし。

ウムー。

んで、「命を守るためにエアコンを使いましょう」という報道が連日のように流れているのですが、このおかげでまた暑い!
エアコンの室外機から熱風が。
暑くて車で移動するからまた熱風が。


なんか、ヒートアイランド現象でこの世界の暑さに拍車をかけてしまっているんじゃないかと、申し訳ない気持ちになります。
(でも死にたくないから、エアコンも車も使う)


プラスチックごみ問題(英国プラスチック協定に端を発するアレ)もそうなんですが、どうにも「自分だけ良ければそれでいいのか感」があるんですよねー。

私、昭和ってぶっちゃけ戦争と公害の時代だと思ってるんですが、そういう時代を経て先進国ヅラしている我々が、ここぞとばかりに世界の発展途上国に対して、
「プラスチックやめよう。お前もやめろ」
「CO2の排出やめよう。お前もやめろ」
と、自分勝手に言ってる感が否めないのです。

そりゃ先進国には、それを実現する技術も財力もあるだろうから、本気出せばできるんだろうけど…
その前に
「自国発展のツケを世界にまわしてゴメンね」
って姿勢には、ならないんですかね。


コレ、クソ男の典型例に酷似。
クソ男ってほんとに、「謝ったら死ぬ呪いにでもかかってんの?」ってくらいに謝らない。
(女は心軽く謝れるのですが)


発展途上国は、おそらく、
「自分たちのやってきたことを棚に上げて、何言ってんだ…」
って感じだと思うんですよ。

「これまでにたいぶやり過ぎてしまった。今から一緒に何とかしよう!」
って姿勢になれるのなら、だいぶ違うんじゃないでしょうか。


とまあヒートアイランドな感じなんですけど、
「地球全体の火山が活発化する時期になったら、CO2それどころじゃありませんよ」
という知識をもらって、地球にはかなわないなと思いました(爆)。


火山ェ…。


とりあえず、エアコンと自動車の多用については、反省しています。

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

(この行を消して、ここに「思い出の家族旅行」について書いてください)

#夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください 「そこはダメ」と、突然友人が私の腕を引いた。その先にあったものは…



#夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください。

夜出かける機会が増えがちな夏にこそ遭遇しやすいので、皆さんもお気を付けください。

ちなみに私は、秒速で殺しにかかる派です。


去年の夏、出張の帰りに友人と辻堂駅で待ち合わせて出かけたんですけどね。
(神奈川県藤沢市)

夜、けっこう遅い時間で。

話しながらスタスタ歩いていると、急に友人が

「そこはダメ」

といって、私の腕をつかんで、急に引いてきたんですよ。


え?
なに?

って、友人の指差した方向には


壁にうじゃうじゃとゴキブリがーーーッ!
Σ( ̄ロ ̄)



日本でこんなにいっぱい、しかもでっかいゴキブリがいたの、初めて見ましたよ…。

なんかもう、台湾以南じゃないと通常はお目にかかれない光景(爆)。

壁の前には、ペットボトル&缶のゴミ箱が。


夏場、冷たくて甘い飲料が、ペットボトル&缶のゴミ箱に捨てられます。
それを狙ったあいつらが、たくさん群がってくるという寸法です。

ウヒョーー!


たくさんのゴキブリがうごめいてしておりましたからねー…
気づいて引き戻してくれた友人に感謝ですよ。

凝視できなかったけど、見える範囲で20匹はいたと思われる。


夏の夜の、ペットボトル&缶のゴミ箱は、危険。
近づかないように迂回しないとなりませぬ。


誰かがゴキブリだらけのスポットに気づいていなかったら、皆さんも助けてあげてくだしゃい。

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR