半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

子どもらに一番嫌われている食べ物は、お肉のムニャムニャ

七輪で脂身の多い肉を焼くと、苦情が来そうで神経が磨り減る。



子どもたち、好き嫌い、しますね。

幸いにして食物アレルギーの類はないのですが、
アレは食いたい、
アレは食いたくない、
は、あります。

めんどくせー。

そんな中でも、子どもらに一番嫌われている食べ物は、
「お肉のムニャムニャ」
です。

ええ、彼女たちはそう呼んでいます。

牛豚肉の脂身、
鳥肉の皮、
デス。

ここは双子の意見が一致しており、牛豚肉の脂身&鳥肉の皮は、大変に嫌われております。


ただこれは、わりと「わかる」部類デス。
たしかにね。
君たちがムニャムニャと呼んでいる部位は、大人でもハードルが高いことがありますよ。

よって、お肉のムニャムニャを多少残すことは特別に許可しています。


私も外出先で、料理の中に下味ナシかつ半生の特大鳥皮が堂々と提供されてきて、つらかったことがあります。
あれはひどかった。
火は通してほしい。

飲み込んだ私をほめてほしい。
駄菓子菓子、正直なところ、食品衛生上アウトという気がしないでもない。


ただ、娘たちにいつまでも
「お肉のムニャムニャが嫌だ」
で残すことを許可するのも、どうなのかなとは思っております。

外で、出てきますからね。
お肉のムニャムニャ。

アレルギーをのぞき、原則としてお残しは許されません。
これは、私の決めた自分国俺ルールですが、よその話を聞いても「お残しは許さへんで精神」の回答がちゃんとあったので、安心しました。

保育園では、担任の先生が厳しいときには、やはりお残しは許されないルールだったので、今後もそうあって欲しいです。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

 

「すごいニオイ」#ジェットウォッシャー「ドルツ」


by パナソニック×はてなブログ特別お題キャンペーン

人事権のある人にぶっちゃけ聞いてみた→雇止め←契約更新しない



仕事の悩みがあったので、よその「従業員の要望をきく立場の人」に、一般論として聞いてみました。


私「ワキガの人がいて、隣の席になってしまうと本当につらいんです。
  だからといって席替えをしても、ほかの誰かが犠牲になるだけなんですよ。
  ご本人は仕事ちゃんとこなしてくれてるんですよねー。
  こういうときってどうします?」

よ「残念ですが、辞めてもらいます
  (ワキガの人に)」

ぎゃふん( ゜Д゜)

いきなり解雇です。
これには驚き。


内容的には、
・契約や派遣の人だったら、「更新しない」ということにして実質雇止め
・辞めてもらうのに正当性なんて、実際はあってないようなものなので、ワキガ解雇OK
とのことで。


フオオオオー。


私はワキガとかそういう理由で解雇はNGだと思っていたので、動揺してしまいました。

語ってくれたのは、ワンマン企業の社長さんとかじゃなくて、ある程度しっかりした会社の管理職です。
ある程度しっかりした会社、ワキガで解雇すんのかよ。


私はそうではなくて、
「ああ〜、臭う人っていますよね。
 前にそういう人がいたときは、こんなことしたら気にならなくなりました」
というナイスな回答を期待していたのです…。

そうでなくとも、
「こんな方法が考えられる」
っちゅーアイデアとかさ…。


ワキガではなくとも、
「ご本人に非はないのだが、周囲としては何とか解決したいこと」
について、職を失う以外のご提案ありましたらお教えください。

求ム、アサーティブなやつ。



↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

 

「すごいニオイ」#ジェットウォッシャー「ドルツ」


by パナソニック×はてなブログ特別お題キャンペーン