半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

5歳男児はねられ死亡、18歳の女子高生が運転する車に...。


こんなニュースがありまして…。

<5歳男児はねられ死亡、18歳の女子高生が運転する車に...。富山・射水市>
https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0324/31466.html


世間では、女子高生、次に親へと非難が集中してしまっているけれど、それは違うと思うのですよ。

このニュースを読んで、我々「母」目線だったら、どう思いますよ?

私は免許取り立て18歳ではないけれど、5歳男児(フリースタイル)を車で避けきれる気がしません。

同時に。

自分の子どもが5歳男児だったら、常に捕縛しておける自信がありません。


真剣にさ、こういう事故、どうやったら防げると思う?「母」目線で。

運転手が5歳男児を避けるのも無理、親が5歳男児を捕縛しておくのも無理。
もちろんのこと、5歳男児はあらゆるものに向かって猛突進です。

いかん。
自動車がマシュマロでできてないと、誰も無事ではいられないレベルだ。
もしくは、5歳男児に自動的に発動するバリアでも開発しなければ。
犬みたいに首輪とリードをつけることを義務化しなくては。

もー、むちゃくちゃですよ。

でも、そんなむちゃくちゃなコトが、日常として存在しているわけです。
ええ、間違いなく日常。

交通事故による死傷は「特に不運なケース」と言わざるを得ませんが、これは日常の延長です。
どこかの誰かの、特別な世界ではありません。
私たちが普通に暮らしている世界の話です。


新年度、新たなる交通事情に触れる機会の多い時期です。
ほんと、気をつけないと。


「あの時、富山で5歳の男の子が亡くなった」。
これを心にとどめておくだけでも、意識の変化から、結果的に事故を防ぐことができるかもしれません。

事故って、何も起きていないときには、残念ながら防ぐことの大切さが実感できないですよね…。

5歳の男の子のご冥福をお祈りしつつ、交通安全を願う次第です。


身に迫る危機でいうと、「プリウスのジジイ」が最も危ないのですけれど。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR