半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

日本じゃマナー違反で済まされるが、海外では罰金だ

f:id:risazonamoshi:20210517162725p:plain

ショッピングモールやスーパーの駐車場にある、いわゆる身障者専用駐車場
はい、車いすのマークが描いてある、アレ。
「いくらやる気の出ないだるい日だとしても、あそこに止めることはないであろう!」という、あの伝説のスペースです。

我が国では、あそこにフツーの人が理由なく止めると「マナー違反」です。

駄菓子菓子。

お国によっては、the「罰金」デス。
ええ、犯罪者の所業として扱われます。
国家権力により、めでたく私的財産が剥奪されまーす。
(少なくともアメリカやデンマークは)

欧米は「個人の人権」に対する考え方が日本とだいぶ違っていて、障害者に関連することについても、その大切な「個人の人権」と共ににある感じがします。
「そのスペースは尊重すべきで、彼らのものだろう!」って勢いがあってね…ぜんぜん違う。

 

さて、話はまた障害者用駐車スペースに戻りまして。

我が国には、高齢者というカテゴリーに属する人が、ものすごく多いではないですか。

そして件の障害者用駐車スペース。
使われているのを見かけると、それは十中八九、高齢者用途です。

でもさ、買い物客を含めて、この国は本っ当〜〜〜〜〜に高齢者が多くて、高齢者だらけでしょう。
さて、そんな高齢者にあふれた状況下で、ちょびっとしかない障害者用駐車スペースは、一体誰のもの?
買い物客の高齢者全員分なんて、ないよ。

 

高齢者が増えすぎた社会での駐停車問題といえば~

近年とくに多いのが、ゴリゴリの交差点に車停めて、後期高齢のジーサンバーサンを乗せおろししちゃってる中高年の車。

そう。
まさしく駐停車禁止が領域展開されとるトコね。
(茅ヶ崎駅前だと、ミスドと担担麺の間にある美容室の前でよく見る)

違反違反、直球の反則です。

欧米だと、どうなんですかね。
そもそもこんなにジジババ溢れてないから、比較のしようもないのかな?

やってることは立派な「法律違反」なんですが、これも「マナー違反」程度に流されちゃってる感があります。

所業のすべてを「マナー違反」として大目に見るのは、どうかと思うよ…

交差点の駐停車、ダメ、絶対。
危、危。
すべての人を危険から守るために制定された法なのですッ。

 

もちろん、すべての高齢者が違反をしているわけではないけれど、いかんせんジジババの絶対数が多いもんで。

これは「健常者と障害者」というわかりやすい切り口では語れなくて。
スーパーの駐車場などは、「高齢者の内部紛争」ですね(--;)

我々の親とか、年代的に、要注意。

↓がんばボタン。押してくれるとすごく嬉しい。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

PR

今週のお題「やる気が出ない」