半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

犬の放し飼いをしている家の前の道路は子どもと一緒に歩かない方がいいんだけど、避けて通れない場所だったらどうすんだろうね


よく車で通る道なんですが。
犬の放し飼いをしている家が2軒ほどありまして。

ここであえて言うくらいなので、つまるところ「公道に向けて犬を放っている」ということです。

正直な感想。
いやだなあ。(´Д`)

BBQ禁止の浜辺での宴会BBQや、ゴミの不法投棄と同じような心証を抱きます…。

こういうのって、愛犬家の皆さん的にはどうなんでしょうか?

#犬の放し飼いは、県や市町村の条例で禁止されています。
 神奈川県にも、そういう条例があります。
(神奈川県動物の愛護及び管理に関する条例)


しかしながら、あえて放し飼いをしている飼い主には、おそあく常識や公序良俗の類は通用しないのでしょうねー…。
だからこその、放し飼い。

徒歩だったら、うちの子どもら2人を連れて歩きたくないですよ。
まあ、車だったら襲われはしないのでいいんですけど。

いいんですけど…?
いや、よくないな。
私は車だけど、「犬を放し飼いにしている家」の「近隣にお住まいの人達」って、徒歩だわ(爆)。


ショットガン(←エアガンの)でも持って歩かなきゃいけないじゃんね。
(´・ω・`)


そうだ。
こっちが車だから襲われる心配がなくとも、犬の挙動が不審で轢いちゃったときに、飼い主が一方的ににキレることも想定されますね。

「タクのワンちゃまになんてことを!
 断固許さないザマス!訴訟ザマス!
 こっちは100%被害者ザマス!ザマス!」

という具合に。


自衛のためには「そういうところには近寄らない」がいいんですけど、フツーに暮らしてる人間が割を食うのもおかしな話ですし、隣近所の住民はたまったもんじゃないですね。
子どもの安全上よくないし、なにより隣近所にそういうことをするマナーの悪い人が存在するということがキョーフです。
エスカレートすりゃ、我らの街が、「闘えラーメンマン」に出てきたお犬様の村みたいになっちゃいます。
 このラーメンさんの指、私、できない。

 

おっと、油断はできませんぞ。
ある日突然、我々の隣近所でも、犬の放し飼いがはじまるやもしれません。

 

でもさー。
日本は犬の数よりも老人の数のほうが3~4倍多いので、どっちかっつーと、老人の心配をしないといけませんよね。
(犬は892万匹、65歳以上人口は3千万人以上)

「犬の放し飼いはいけないな」って思ってる人はたくさんいますけど、人間は違う。

変な言い方をすれば、我々は親を放し飼いにしてるようなもんではないですか。
私、犬飼ってないけど、親いるわ。

実際問題、老齢親が徘徊してしまうようになることって、誰にでも起こりえる。
なのに、その深刻さがいつまでたっても世に浸透しないのは、なぜでしょうか。
義務教育化してもいいんじゃないのかな。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR