半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

男児の親が大変だと実感する数字:男児は女児の2倍、交通事故死する


男児の親が大変だと実感した数字。

交通事故の死傷、男児は女児の2倍。
新聞に載ってた。

平たく言って、男児は女児の「2倍死ぬ」っつーことか。

ビジュアル化すると、こう。
(□女児、■男児)

□■■
□□■■■■
□□□■■■■■■
□□■■■■


おいおい、男児、圧倒的に死にすぎだろ。

なんかもー、女児が3人死んでしまったときには、すでに男児は6人も死んでいるという。


男の子の親御さんは、大変ですね…。

正直なところ、我が家の双子が男児だったら、私も子どもたちも、今、生き残ってないかもしれません。
私は過労死的な意味で。

死に行く双子男児を防衛しきれる気がしない。
それでも世の中には、「双子の男児」という組み合わせも確実に存在しますからね。


でも、女児が死なないなんてことはないので、交通安全にはもちろん気を付けてください。

私の古くからの友人は、妹をトラックによる交通事故で亡くしています。

普通に行動していても、事故に巻き込まれる危険性があります。
だから、なおのこと、気をつけなきゃいけない。
親も、子ども自身も。


交通事故に巻き込まれないためには、しっかり自己防衛しないと。

友人の妹が幼くしてこの世を去ってしまったことは、子どもたちが歩けるようになったことを機に、話をしました。
私が今さら何かをできるわけではないのですが、不幸な事故を防ぐ一助になれば、そのことが弔いになればと思います。


さて。

昔の交通事故の多さは、道路状況の整備と交通量に無理があったからかもしれません。
が、近年の事故はまた異質なものですよ。

先日、交通安全活動の文書を目にしたのですが、冒頭のあいさつが、こう。

「高齢者による暴走事故が世間を賑わし」

Σ( ̄ロ ̄)
たぶん、これ書いた人も、日ごろから「プリウスのジジイーーーーーーー!!!」って叫びたくなるようなことがたくさんあるのでしょう…。


「高齢者による暴走事故が世間を賑わし」
…まったくもってその通りです。

全国のニュースから新聞の地方欄、はたまた個人のSNSまで、高齢者による暴走事故が世間を賑わさない日はありません。

逆走ジジイ!
飛びだしジジイ!
挙動不審なジジイ!

ジジイが暴走しない日など、地球上に存在しません。


よく言われるけど、最大の防御は「ジジイの運転を見かけたら近寄らないこと」。
(バイク・自転車を含む)

やっといて、損はありません。

近寄りたくない!と強く心に思っていても、この国はジジイが多すぎて避けるのだって難しいのですが…。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR