半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

"うちの子、ラノベとYouTubeしか見なくて…"で、一番訴えたいこと

我が家の状況として、本=麻薬です。
ブック・イズ・ドラッグ。わーい。

光文社の雑誌STORY 11月号「うちの子、ラノベとYouTubeしか見なくて…」という特集があるのですが、さあさあ、みなさまのお宅はいかがでしょうか?

個人的には、ジャンルは何にしても「本はほどほどにしなくてはいけない」と強く思います。

うちの子ら、小2にしてバチクソの近視になりました(爆)。
親の遺伝もあるんでしょうが……、ショックでかい。
orz

f:id:risazonamoshi:20211020113100p:plain

 

眼科の先生からは
「本ばっかり読んでると目が悪くなるから、外で遊んでね」
と、もっともなご指導を頂戴しております。

「うちの子、ラノベとYouTubeしか見なくて…」とかジャンルを語っている場合ではなく、本全般がクライシスを引き起こしているッ!!

おそろしいことに、子どもが将来ハマるであろう本ベスト10には、京極夏彦先生の文庫本の影がチラチラと…。

アカン、目、悪くなる一方じゃ。

なんとかして本から適度に引き離したいところですが、はたしてうまくいくのやら…。

駄菓子菓子、まったくもって人のことは言えません(爆)。
本漬けになってガンガン近視進んでたもんね…

〜ティーンを振り返る(順不同)〜

    1. 宮沢賢治
    2. 殺人切符はハート色シリーズ[ 山浦弘靖 ]
    3. ディーン R.クーンツ
    4. シドニィ シェルダン
    5.  司馬 遼太郎
    6. 北方謙三
    7. 五島勉(笑)
    8. 村上 龍
    9. 菊池秀行
    10. 黒豹シリーズ[ 門田泰明 ]

いかん、10個では到底おさまらない。キリがない。
火浦功とか村上由佳とか大沢在昌とか鳴海丈とか…

ぜんぶライトな感じのノベルなので、おすすめっすよ!
読んだことある人なら、どれもくだけた内容だとわかってくれるはず。
谷崎潤一郎村上春樹も入れてないし。

 

とーもーかーくーーー。

近視にはお気をつけください!
うちの子どもらは、3ヶ月おきに検査のために通院することになりましたよ…。
orz

↓がんばボタン。押してくれるとすごく嬉しい。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

PR

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選