半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

目が悪くて勉強できる子 と 目がいいバカ、どっちがいいんだ!? と問われるの巻

住民税サブスクという名の図書館通いで、子どもたちにUnlimited Book Worksな読書量を提供しております。

ほかにも漫画などを提供していたため、子どもたちの近視がすごいです。
ありえないくらいに目が悪い。

目の休憩にものすごく気を使っていたつもりだけど、全然ダメだった。

スマホもゲームもやってないけど、本と遺伝だけでド近眼ですよ…。

なので、「もう本をやめよう」と提案したんですよ。

そしたらなんだ、夫が、

目が悪くて勉強できる子目がいいバカ、どっちがいいんだ!?」

と問うてきましてな。

目がいいバカでオナシャースッッッ!!!!!

視力大事。
ほんとーに、視力大事。
バカでもいい、目がよくなってくれ。

f:id:risazonamoshi:20211114121128p:plain

本をやめたら、子どもたちが何をするかというと。

  • 歌う
  • 踊る
  • 工作

といったところでしょうか…
時節柄、小ぎつねの歌とか、北風小僧の寒太郎とか、よく歌ってますね。

工作では、ほうきを作っています。
魔女の宅急便でキキが使ってるコレみたいな、わりとガチめなやつを。

ただしホウキ製作のような工芸関連の趣味は、それはそれで目に悪いです。
ミシン・裁縫のたぐいは、近眼確定です。
ぬぬう。

娘たちよ、目のいいバカになってください。
お願いです。

↓がんばボタン。押してくれるとすごく嬉しい。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

PR

今週のお題「秋の歌」